interview interview

一つひとつを
真摯に積み重ねて40年以上。
一歩踏み込んだ提案で業界をリード

1977年入社 / 佐伯 信雄
現代墓所墓石設計部 顧問

01コンセプトを反映したオーダーメイドの空間デザイン

現代墓所墓石設計部は少数精鋭のチーム。墓石専門ソフトなどを用いて一般墓から樹木葬、ロッカー式集合墓など当社のあらゆる商品を設計し、これまで供養塔は全国各地に700基以上を手がけてきました。
標準タイプも各種ありますが、多くが各霊園の規模や設置場所に応じたオーダーメイド。各々の条件やコンセプトを反映した空間デザインが主な業務となります。
当社は各々が専門分野を持ち、経験と実績が豊富なプロ集団です。社会の変化をチャンスと捉えながら、時代に応じて臨機応変な提案を積極的に行っています。

02業務の領域を広げ、同業他社にはないジャンルも開拓

お客様が来るのを待つのではなく、独自の強みや方法で最善策を編み出し、前へ前へと突き進んで40年以上が経ちました。
今では駅のローターリーや大学の外構など建築業界にも進出し、同業他社にはない独自の事業も展開しています。
会長を始めとする創業メンバーとともに、仕事の大小に関係なく、真摯に一つひとつを積み重ねてきました。その結果、当社は売上ランキングでも業界トップクラスの規模を維持できています。

03業界の先駆者として石材、顧客のターゲットを拡大へ

「佐伯さんだから買うんです」「いずみ産業だから取引したいです」。どれも信頼いただいてきた証として人生の1ページを刻んでくれた印象深い言葉です。
石材はその存在が長く残ることから人間の本質や哲学に触れるところも多く、石に対する評価や印象は人それぞれに多様です。
世の中の多様性や流動性が注目される中、近年、石材業界も異業種の参入増加や、一部で業界再編の動きが出るなど大きなうねりが見えています。
当社は業界の先駆者として石材、顧客のターゲットを拡大し、より裾野を広げていきたいと考えています。これまで培ってきたノウハウと技術を駆使しながら、一歩先を行く踏み込んだ提案で、これからも業界を牽引する存在となっていきたいと思っています。


ENTRYエントリー