interview interview

IT活用した業務改革で
社内外の課題を解決。
社員の生産性向上につなげる

1997年度入社 / 大野木 隆
総務部 部長

01IT技術の導入で組織改革を推進。リモート対応できる業務体制へ

IT黎明期からITの活用を通じて組織改革を進め、当社の運用性を高めると同時に社員の生産性向上を日々試みてきました。そのために、刻一刻と進化する情報システムの管理やセキュリティ対策も含めて、多方面にアンテナを高く張れる社内SEの人材を確保。働き方改革が叫ばれる中、就業環境を見直すとともに、Withコロナ、ポストコロナ時代にITによって社内外で適切でスムーズな対応ができ、世界中どこにいてもいずみ産業を構成できる業務体制を整えています。

02いつの時代も持続的な価値創造の挑戦を続ける

各業界のオピニオンリーダーの墓石を当社が手がけたり、自分自身が喪主を経験した際は、人生の最後の儀式に携わる仕事に就いているのだと実感します。
石材は特殊な世界。業務としての面白味もありますが、文化や民俗学的な視点から見ても興味深いもの。社会情勢で石材の意味合いは変容を遂げていくものですが、持続的な価値創造のチャレンジを、これからも継続していきたいです。

03社内ITチームを結成。業界を牽引するビジネルモデルの構築へ

中長期的に見れば、基幹システムの入れ替えは必然。その際、図面や顧客のデータをどのように移行すれば効率的なのかなど、専門性の高いスキルが必要不可欠です。
今後は社内でITチームを結成し、一歩、二歩先をいく業界のビジネスモデルを率先して築き上げていきたいと考えています。
各自の裁量に任される部分も多く、時代のニーズをキャッチしながら新たな価値を生み出す楽しさがあります。一体感を持って、ともに最適解を探り、業界に新風を吹き込んでみたい人と一緒に仕事をしたいですね。

業界のリーディングカンパニーとして
IT化を推進し
業界の活性化につなげたい

2019年度入社 / 池澤 孝夫
総務部 デジタルサービス促進担当

01社内のデジタル化推進で売上アップをサポート

当社の社内SEとして社内外のネットワーク整備、PCやモバイル機器の管理、ドローンを使ったYouTube用の動画撮影、時には中国工場の検品所で品質チェック用の通信機器の設置をするなど、社内のデジタル化推進からシステム開発、保守メンテナンスまで一手に引き受けています。
まだアナログ傾向にある石材業界。先駆けてIT技術を導入することで、他社への優位性を生み出すとともに、社員が働きやすい業務体制を整え、ひいては売上高アップのサポートをしたいと考えています。
官公庁の外部SE時代に得た自分なりの経験を踏まえて、スキルを最大限に発揮できる環境だと感じています。

02まず社内からIT活用のための土台づくりを。業務の効率化を支援

例えば、ノートPCやタブレット端末での作業、チャットツールやオンライン会議ツールを使った連絡や打ち合わせは、外回りや出張が多い営業社員の効率化に役立つもの。しかし私が入社した当時、PCをうまく扱えない人もいました。ハードは持っていても、使いこなせなければ意味がありません。そのため極力、難しい言葉を使わずじっくり丁寧に説明することや、質問しやすい雰囲気作りにも気をつけています。
また、取引先のお客さまにはITを有効活用できず、機器を持て余している方も大勢いますので、当社がIT化を推進することで業界全体を巻き込んでいければと思っています。

03IT技術で需要開拓にアプローチしていきたい

ITネットワークは、人と人を繋げていくコミュニケーションツール。モニュメントや石碑、墓石は文字ばかりで、過去からの情報が少ない。そういったものにITの技術でより多くの情報を未来に届けたり、石材の需要開拓を多角的にアプローチしていきたいと考えています。
自ら積極的に提案ができるSE経験者とチームを結成し、内部ITを強化していきたい。そして独自の販売システムの構築も進め、外部のIT化促進の支援もすることで業界を元気にしていきたいです。そんな大きなミッションを目標に描き、ともに果敢にチャレンジする仲間に会えるのを楽しみにしています。


ENTRYエントリー